仮囲い工事

工事区画はさまざま危険が隣り合わせにある現場です。
このような場所に工事に関係のない人が入ることは避けなければなりません。
そのため、仮囲い工事によって工事の区画や資材置場の位置を明確にし、現場の内外の安全を確保しています。

仮囲い工事には安全鋼板やネットフェンス、ガードフェンスなど、さまざまな材料が使われています。
多種多様な材料の中から現場に合った材料を選び、安全性の高い仮囲いを行うことが重要です。
お客様のご要望に合わせて対応いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

仮囲い工事の重要性

○関係者以外立ち入り禁止

作業車両の出入り、資材の搬入・搬出など、工事区画には危険な場所が多く存在します。
そこで仮囲いで工事区域と一般区域を区切ることで、通行人の安全性を確保しています。


 

○工事期間中の公害防止

仮囲い工事は工事の騒音・粉塵を最小限に防ぐために必要です。
仮囲いの有無でまったく異なってくるため、周囲にお住まいの方々の健康的な暮らしを損害させない対応が求められます。


 

○現場周辺の環境保全

最近では街の景観を守るために周囲の風景に合わせた仮囲いやイラストがデザインされたものも豊富です。


 

○区画を明確に

工事現場を明確にし、資材置場を囲うこともあります。
御存じであると思いますが、現場で使用される資材の多くは、専門業者にしか扱うことのできない特殊なものです。
そのため、多数の資材が混在しないような仮囲いを行い対策しています。

足場・仮設工事、鳶の求人のことなら株式会社砂川工業

【TEL】044-872-9965
【所在地】神奈川県川崎市宮前区東有馬3-5-29 三和ビル2F
【メール】お問い合わせ≫
【対応エリア】川崎を中心に一都四県近郊エリア

一覧ページに戻る